3年ぶり開催「長岡花火」チケット転売相次ぐ…定価の3~5倍の例も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 8月2、3日に3年ぶりに開催される予定の「長岡まつり大花火大会」(新潟県長岡市)の観覧席チケットがインターネット上で高値で転売される事案が相次ぎ、主催者の長岡花火財団が注意を呼びかけている。新型コロナウイルス下で安全に開催するため、来場者を把握できるよう全席有料とし、同意がないチケットの転売を禁じている。同財団は「安全対策の根底が崩れる行為。不正転売には弁護士と相談し、厳正に対処する」としている。

コロナ感染の全数把握見直し、岸田首相が検討指示…季節性インフルと同じ5類相当の議論も
「長岡まつり大花火大会」(2019年8月2日、長岡市で)
「長岡まつり大花火大会」(2019年8月2日、長岡市で)

 同財団によると、長岡花火の観覧席数は2日間で約17万7000席。5月9~20日に長岡市民向けに先行販売され、約4割の約7万2000席が売れた。今月11~20日には一般販売が行われた。

 転売は12日以降、ネット上で相次いで確認され、27日現在200件以上に上る。定価の3~5倍で売られているケースもあるという。

 同財団は「チケットを発送していない段階であり、購入者がチケットを入手できない被害に遭う可能性もある」と指摘。27日に開設した公式再販売サイト(7月1日まで)の活用を呼びかけている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3119828 0 社会 2022/06/28 07:21:00 2022/06/28 08:37:02 2022/06/28 08:37:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50143-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)