エジソンからの100年前の手紙発見、「ガリ版」開発の堀井新治郎と親交示す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

誕生祝いのお礼が記されたエジソンからの手紙。サインが添えられている
誕生祝いのお礼が記されたエジソンからの手紙。サインが添えられている

 滋賀県東近江市は27日、発明王エジソン(1847~1931年)が、簡易印刷機「謄写版」(通称・ガリ版)を開発した堀井家に宛てた手紙が同市内で見つかったと発表した。堀井家はエジソンが発明した印刷機の原理をもとにガリ版を開発したが、親交を示す資料が見つかるのは初めてという。

 手紙はエジソンの75歳の誕生日から5日後の1922年2月16日付で、宛名は「堀井新治郎」になっている。

 タイプライターで「誕生日を覚えていてくれてとてもうれしい」「お祝いの言葉とお気持ちをありがとう。感謝します」という内容が英文で記され、筆記体で「トーマス・A・エジソン」と添えられている。

 ガリ版は堀井新治郎(1856~1932年)と息子の耕造(1875~1962)が開発。耕造も後に新治郎を名乗っており、市は時期的に耕造に宛てたのではないかとみている。

 エジソンの手紙は、実業家・渋沢栄一や、消化酵素「タカジアスターゼ」を開発した高峰譲吉などに宛てたものが残っている。

 同市内の堀井の旧宅は市の「ガリ版伝承館」になっており、蔵から市職員が発見。堀井が宛てた見舞いの手紙の控え、エジソンの秘書からの礼状もあった。

 近江商人博物館の上平千恵学芸員は「エジソンが日本の発明家を気にかけていたことがうかがえる」と話す。手紙は7月2日からガリ版伝承館などで一般公開される。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3119100 0 社会 2022/06/27 21:48:00 2022/06/28 07:02:32 2022/06/28 07:02:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50146-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)