走行する車の側面につかまって遊んでいたか、転落した男性死亡…運転の22歳男を逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 千葉県警木更津署は27日、自称、君津市、会社員の男(22)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)容疑で逮捕した。

千葉県警察本部
千葉県警察本部

 発表によると、男は26日午後2時55分頃、木更津市真舟の市道で、近くに住む知人のとび職三枝隼年さん(21)が乗用車の左側面につかまっているのを知りながら、乗用車を走行させて死亡させた疑い。車から転落した三枝さんは、頭を強く打って搬送先の病院で死亡した。

 同署によると、車には当時、他にも知人男性2人が乗っていて、遊んでいたところ事故が起きた可能性があるとみて、原因を調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3120539 0 社会 2022/06/28 11:58:00 2022/06/28 11:58:00 2022/06/28 11:58:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50155-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)