「ホストクラブで遊ぶため」市職員が風俗勤務30日で50万円稼ぐ…停職3か月

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 横浜市は27日、地方公務員法に反して風俗店で働いたとして、市立脳卒中・神経脊椎センターの女性事務職員(24)を停職3か月の懲戒処分にした。職員は同日付で依願退職した。

横浜市役所
横浜市役所

 市の発表によると、職員は2~5月、平日の勤務外時間と休日に東京都や川崎市内の風俗店で30日間ほど働いて約50万円の収入を得ていた。市の調査に対し、職員は「ホストクラブで遊ぶ金を稼ぐためだった」と説明した。地方公務員法は営利企業への従事を制限しており、市コンプライアンス推進課への情報提供で違反が判明したという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3119772 0 社会 2022/06/28 06:36:00 2022/06/28 08:31:22 2022/06/28 08:31:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50160-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)