ワクチン接種受けた男性の肩の神経損傷、市が30万円支払いで示談成立

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 滋賀県草津市は27日、昨年6月に新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた60歳代男性に対し、「注射の針が神経を損傷した」として、約30万円の損害賠償を支払うことで示談が成立したと発表した。

鞍馬の火祭 10月22日に開催…3年ぶり
ファイザー製のコロナワクチン
ファイザー製のコロナワクチン

 市によると、男性は昨年6月13日、市内の医療機関で実施された集団接種で、ファイザー社製のワクチン接種を看護師から左肩に受けた。翌日から痛みを覚え、医療機関を受診したが改善しないため市に連絡。その後、注射針による「左 腋窩えきか 神経損傷」と診断されたという。

 男性の治療は昨年12月に終わり、日常生活に支障はないものの、今も左肩に若干の痛みと可動域制限があるという。

 市は男性との示談交渉で「看護師の過失ではないが、接種が原因の健康被害」と認め、男性に治療費や休業補償、慰謝料など計約30万円を支払うことで示談が成立したとしている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3119831 0 社会 2022/06/28 07:22:00 2022/06/28 09:21:31 2022/06/28 09:21:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50174-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)