ベトナム人店長の雑貨店、未承認の医薬成分を含むチョコ販売…「警察が来て驚いた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岐阜県北方町の雑貨店で、国内で未承認の医薬成分「シブトラミン」を含むとみられるチョコレートが販売されていたことが、関係者への取材で分かった。県警は、医薬品医療機器法違反の疑いもあるとみて、この商品の成分などを詳しく調べている。

岐阜県警察本部
岐阜県警察本部

 シブトラミンは食欲を抑える効果がある一方、血圧上昇や頭痛、便秘などの副作用を起こす可能性があるとされる。最近では、埼玉県川口市や千葉市などで、この成分を含むゼリーやチョコレートによる健康被害が報告されている。

 関係者によると、チョコレートが販売されていたのはベトナム人男性が店長を務める雑貨店で、川口市などで売られていた商品と同じとみられる。近くの食料品店で働くベトナム人女性によると、今月中旬に警察が雑貨店を訪れ、店長の男性は「警察が来て驚いた」と話していたという。

 県薬務水道課によると、県内では27日朝までに、チョコを食べたことによる健康被害などの情報はないという。同課は「持っている人がいたら、直ちに使用を中止し、健康被害が疑われる場合は、速やかに医療機関を受診してほしい」と呼びかけている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3120550 0 社会 2022/06/28 12:01:00 2022/06/28 12:01:00 2022/06/28 12:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYT1I50180-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)