秋田・埼玉・熊本3県が「家族都市協定」…きっかけは「クレヨンしんちゃん」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」が取り持つ縁で、秋田、埼玉、熊本の3県が「家族都市協定」を締結することになった。来月20日、3県の知事が出席して埼玉県庁で締結式が行われる。

「家族都市」をアピールするロゴマーク (c)U/F・S・A・A
「家族都市」をアピールするロゴマーク (c)U/F・S・A・A

 秋田県観光振興課と双葉社によると、今後、しんちゃんのキャラクターを活用した商品開発や鉄道を利用した企画などを行い、観光振興や地域活性化を図る。

 3県合同でのイベント開催といった相互交流も検討していく方針で、同課は「回復しつつある観光需要を盛り上げていきたい」としている。

 原作の漫画では、しんちゃんの父ひろしが秋田県出身、母みさえが熊本県出身という設定。作中では、埼玉県で暮らす野原一家が、ひろしの里帰りなどで秋田県を訪れたこともある。

 今年でアニメ・映画30周年を迎えることもあり、協定を結ぶ企画が持ち上がったという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3123059 0 社会 2022/06/29 09:45:00 2022/06/29 09:45:00 2022/06/29 09:45:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)