京都の「五山送り火」、3年ぶりに本来の形で実施へ…20・21年は点火箇所を大幅減

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 盆の終わりに先祖の霊を送る京都市の「京都五山送り火」(8月16日)について、主催する京都五山送り火連合会は28日、3年ぶりに大文字山の「大」の字などの全点火箇所に火を付け、本来の形で実施すると発表した。

金与正氏「韓国からごみ媒介しコロナが流入、強力な報復を」…朝鮮中央通信
東山・如意ヶ嶽にともされた「大」の文字に見入る人たち(2019年8月16日、京都市で)
東山・如意ヶ嶽にともされた「大」の文字に見入る人たち(2019年8月16日、京都市で)

 新型コロナウイルス対策のため、2020年と21年は観光客らが密集しないよう規模を縮小し、点火箇所を大幅に減らしていた。75か所の火床がある大文字山の「大」は、中心と端の6か所で点火していた。

 今年は感染状況が落ち着いていることを踏まえ、伝統技術を絶やさないために通常の点火方法に戻すことにしたという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3120398 0 社会 2022/06/28 11:21:00 2022/06/28 11:21:00 2022/06/28 11:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)