下水道の使用料、市が最長35年誤って徴収…計250万円返還へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福井県越前市は29日、市内の集合住宅16棟について、下水道に排水していない共用栓があるにもかかわらず、誤って下水道使用料を徴収していたと発表した。誤徴収は最長35年続いていた。市は国家賠償法に基づき、管理する計17社に最大20年間分の使用料計約250万円を返還する。

 市によると、共用栓は散水や融雪に使用。排水が下水道に流入しているかどうかの確認が不十分だったのが原因という。6月に上下水道の料金徴収などを委託する事業者から指摘があり判明。市は「確認マニュアルを見直し、再発防止に努める」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3126239 0 社会 2022/06/30 10:13:00 2022/06/30 10:13:00 2022/06/30 10:13:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220629-OYT1I50142-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)