偽ロレックスをネット出品、860万円詐取…男「委託されて売った」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮城県警若林署などは28日、熊本県山鹿市、無職の男(43)を商標法違反と詐欺の疑いで逮捕した。

公開された「ロレックス」の偽造品(29日、若林署で)
公開された「ロレックス」の偽造品(29日、若林署で)

 発表によると、男は2020年12月中旬、インターネットオークションサイトに高級ブランド「ロレックス」を模した腕時計1点を出品、仙台市の20歳代の会社役員男性に販売して代金860万円をだまし取った疑い。「委託されて売った。偽物かわからなかった」と容疑を否認している。

 不審に思った男性が同署に相談した。同署は29日、押収した時計やカタログを報道陣に公開した。入手経路などを調べている。

宮城県警察本部
宮城県警察本部
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3126165 0 社会 2022/06/30 09:42:00 2022/06/30 09:42:00 2022/06/30 09:42:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)