県職員が警官の腹部を足蹴り…飲食店で大声出し、実家に送り届けられた際に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鹿児島県警鹿児島西署は28日、鹿児島市、県職員の男(32)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

鹿児島県庁
鹿児島県庁

 発表によると、県職員は28日午後10時55分頃、市内の実家に送り届けた同署の男性警部補(34)の腹部を足蹴りし、公務を妨げた疑い。県職員はその約2時間前に、市内の飲食店で大声を出して店員に通報され、駆けつけた警部補が実家に送っていた。容疑を認めているという。

 県総務部の山本周部長は「遺憾で申し訳ない。事実関係を把握し、厳正に対処する」とのコメントを出した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3127957 0 社会 2022/06/30 19:44:00 2022/06/30 19:44:00 2022/06/30 19:44:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)