解体された空き家から観音像2体を発見、潜伏キリシタンがひそかに拝んだ「マリア観音」か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長崎市樫山町の潜伏キリシタンの子孫「下村家」から、禁教期にひそかに拝んでいたとみられる観音像2体が見つかった。「外海潜伏キリシタン文化資料館」(下黒崎町)の松川隆治館長は証言などから、聖母マリアに見立てた「マリア観音」とみて、同館で展示している。

下村家で見つかった観音像
下村家で見つかった観音像

 禁教期、潜伏キリシタンは信仰を隠すために、観音像を聖母マリアに見立てたマリア観音を拝んだとされる。下村家は空き家となって十数年が経過し、今年4月に親族が解体を決意。観音像は家のどこかに保管されていると考えられてきたが、2体とも観音開きのタンスの中にあった木箱から見つかったという。

子どもを抱いた観音像
子どもを抱いた観音像

 観音像は、いずれも高さが約24センチ。松川館長は、17世紀の中国製の白磁とみている。1体は子どもを抱いている。下村家では「祝日などの主立った日にそっと拝んでいた」といった証言があることから、松川館長は「マリア観音」とみており、今後、長崎県も調査を進める。

 松川館長に保管を依頼した親族の女性(79)は「先祖代々、拝んできた大切な観音像。保管してもらうことが決まり、ほっとしている」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3128018 0 社会 2022/06/30 20:09:00 2022/06/30 20:09:00 2022/06/30 20:09:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50087-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)