「デュオこうべ」ベンチの男性、向かいで弁当食べる男から突然「何見てるんだ」…切られ軽傷

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 30日午後0時半頃、神戸市中央区東川崎町のJR神戸駅の地下街「デュオこうべ」で、50歳代の会社員男性が、男にカッターナイフのような刃物で切り付けられ、右肩に軽傷を負った。男は逃走し、兵庫県警は傷害事件として捜査している。

兵庫県警察本部
兵庫県警察本部

 県警によると、男性がベンチに座っていると、向かい側のベンチで弁当を食べていた男が「何を見ているんだ」と怒り出し、襲ってきたという。2人に面識はなかった。

 男は60~70歳くらいで、身長約1メートル70、白髪で赤色のポロシャツにベージュ色のズボン姿で、黒色リュックサックを背負っていたという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3127728 0 社会 2022/06/30 18:01:00 2022/06/30 19:01:21 2022/06/30 19:01:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50150-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)