46歳祖母らUSJへ、置き去りの2歳女児が熱中症死…ベビーサークルに11時間

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2歳の女児を自宅に11時間放置したとして、大阪府警は30日、祖母(46)(大阪府富田林市)と、同居する男(50)を保護責任者遺棄容疑で逮捕した。女児はベビーサークル内で死亡しており、死因は熱中症だった。府警は同致死容疑を視野に捜査している。

女児が遺体で見つかった集合住宅の一室(6月30日午前、大阪府富田林市で)
女児が遺体で見つかった集合住宅の一室(6月30日午前、大阪府富田林市で)

 2人は容疑を認め、大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に行っていた、と供述。男は「これまでにも何度か1人にして外出したことがある」と述べているという。府警はネグレクト(育児放棄)が常態化していた可能性があるとみている。

 発表では、2人は29日午前5時頃、集合住宅の自宅居間で女児(2)をベビーサークル内に閉じ込めて外出し、午後4時頃まで置き去りにした疑い。

 ベビーサークル内に飲み水や食料は置かれていなかった。サークルの柵の高さは88センチで、外に出るのは難しかったとみられる。

 女児は両親とは別居しており、両容疑者のほか、祖母の四男(15)、五男(5)の計5人で暮らしていた。29日夕、口から血を流して倒れているのを帰宅した四男が見つけ、連絡を受けた男が「息をしていない」と119番した。

 女児は、四男が午前8時前に登校してから、一人きりだった。部屋のエアコンは28度に設定されていたが、消防から連絡を受けた捜査員が駆けつけた際、脱水症状を起こしていた。富田林市消防本部によると、同市の気温は午後2時40分に34・5度に達していた。

 同じ集合住宅に住む女性(51)は祖母が女児を遊ばせているのを見たことがあり、声を掛けると「孫です」とうれしそうに話していたという。「よちよち歩きでかわいらしかったのに、どうしてこんなことになったのか。小さい命が亡くなってつらいです」と話した。

大阪府警察本部
大阪府警察本部

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3128223 0 社会 2022/06/30 21:12:00 2022/07/01 12:13:22 2022/07/01 12:13:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220701-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)