性風俗業者を給付金対象から除外、東京地裁「合憲」…「国庫での下支えは相当ではない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関西地方にある派遣型風俗店の運営会社が、新型コロナウイルス対策の持続化給付金などを受け取れないのは「法の下の平等」を保障した憲法に違反するとして、国などに計約450万円の支払いを求めた訴訟で、東京地裁は30日、不支給を「合憲」と判断し、原告側の請求を棄却する判決を言い渡した。岡田幸人裁判長は「不当な差別には当たらない」と述べた。

コロナアプリ個人情報、上海で4850万人分流出か…ハッカーが販売意向示す
判決後、「不当判決」と掲げる原告側関係者(30日午後、東京都千代田区で)=米山要撮影
判決後、「不当判決」と掲げる原告側関係者(30日午後、東京都千代田区で)=米山要撮影

 判決は、国が給付金を誰に支給するかを決める際には「公金の支出である以上、納税者の理解を得られるよう一定の配慮をすることも許される」と指摘。国が「公金で性風俗業を下支えすることは、多くの国民が抱く性的な道義心に照らして相当ではない」と判断して給付対象から除外したことには、合理的な根拠があるとした。

 原告側は「性風俗業者の除外は、職業を理由とした不当な差別だ」と主張しており、判決を不服として即日控訴した。中小企業庁は「国の主張が認められたものと理解している」とコメントした。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3128455 0 社会 2022/06/30 21:26:00 2022/06/30 21:26:00 2022/06/30 21:26:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50196-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)