東大前刺傷、元男子高校生「重罪を犯せば罪悪感で自殺できる」…殺人未遂罪などで起訴

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都文京区の東京大前で1月、大学入学共通テストの受験生ら3人が刺されて重軽傷を負った事件で、東京地検は1日、名古屋市の元男子高校生(18)を殺人未遂、威力業務妨害などの罪で東京地裁に起訴した。元高校生はいったん家裁送致され、家裁が「通り魔的に3人もの生命を脅かした重大な事案」として刑事処分が相当と判断し、検察官送致(逆送)していた。

大学入学共通テストの受験生らが襲われた現場周辺を調べる捜査員(1月15日、東京都文京区で)
大学入学共通テストの受験生らが襲われた現場周辺を調べる捜査員(1月15日、東京都文京区で)

 起訴状などによると、元高校生は1月15日、東大前の路上で、70歳代の会社員男性の背中を包丁で刺して重傷を負わせたほか、当時17歳と18歳だった受験生の男女2人の背中を刺して軽傷を負わせたとされる。また、東京メトロ南北線の電車内でエタノールを含む液体を床にまくなどし、同社の業務を妨害したとしている。

 名古屋家裁の逆送決定によると、元高校生は東大の理科3類を志望していたが、成績が低迷して進路変更を勧められ、「重罪を犯せば罪悪感で自殺できる」と思い事件を起こしたとされる。

 捜査関係者によると、重傷を負った会社員男性は現在も入院中という。

 元高校生は事件当時、私立高校2年の17歳で、今年4月施行の改正少年法で起訴後の実名報道が可能になった18、19歳の「特定少年」には当たらない。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3131480 0 社会 2022/07/01 18:21:00 2022/07/01 19:22:02 2022/07/01 19:22:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220701-OYT1I50162-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)