ウクライナ避難民は「テロ組織かも、監視すべきだ」…県議を厳重注意

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福井県議会の最大会派・自民党福井県議会の斉藤 新緑しんりょく 県議(65)が、県議会委員会でウクライナ避難民について「監視すべきだ」などと発言した問題で、同会派は1日、仲倉典克会長が斉藤県議を口頭で厳重注意した。今後、発言の一部を議事録から削除する方針を決めた。

【随時更新】ロシア軍、ウクライナを侵略…最新ニュース・速報まとめ
斉藤新緑県議
斉藤新緑県議

 斉藤県議は6月28日の委員会で、避難民の受け入れについて「テロ組織が国内に入っているかもしれない。常に監視すべきだ」などと発言していた。

 県議会は3月、ロシアによるウクライナ侵略を非難する決議を可決。県内にはこれまでにウクライナから10人が避難しており、別の県議らから「発言内容には根拠がなく不適切だ」との声が上がっていた。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3132842 0 社会 2022/07/02 06:34:00 2022/07/02 08:55:53 2022/07/02 08:55:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220701-OYT1I50200-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)