児童65人分の氏名・写真入りUSB、教諭が紛失…発覚から24日後に遺失物届

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県所沢市は1日、市立小学校に勤務する20歳代の教諭が児童65人分の個人情報などが入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。教諭は4月28日、授業の準備のために教頭の許可を得て校務用のUSBメモリーを借り、児童の氏名、生年月日、学力の状況のほか、授業計画や児童の写真などのデータを保存。6月3日に使おうとしたが、紛失していることがわかったという。10日後に学校に報告し、県警に遺失物届を同27日に出した。

 市によると、これまでに情報の悪用は確認されていない。市教育委員会は校外への個人情報の持ち出しを禁じている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3133585 0 社会 2022/07/02 13:30:00 2022/07/02 13:30:00 2022/07/02 13:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)