畑に乳児遺体、10代少女を死体遺棄容疑で逮捕…「赤ちゃん埋めたことに間違いない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1日午後0時50分頃、神奈川県秦野市の畑で、土の中にあった袋から乳児の遺体が見つかった。県警は2日、同市の10歳代少女を死体遺棄の疑いで緊急逮捕した。調べに対し、「赤ちゃんを埋めたことに間違いありません」と容疑を認めているという。

乳児の遺体が見つかった畑周辺を調べる捜査員(1日午後5時29分、神奈川県秦野市で)
乳児の遺体が見つかった畑周辺を調べる捜査員(1日午後5時29分、神奈川県秦野市で)

 発表によると、畑の所有者から1日昼前、「異臭がするので掘ったら袋が出てきた」と秦野署に通報があり、駆けつけた同署員が袋の中から乳児の遺体を見つけた。遺体は腐敗が進み、身元や性別は不明だという。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 現場は小田急線渋沢駅近くの住宅地。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3133066 0 社会 2022/07/02 09:21:00 2022/07/02 09:27:23 2022/07/02 09:27:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)