アンダーパスの危険な冠水、感知20秒で膨らむ遮断機

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 群馬県高崎市は1日、関越自動車道前橋インターチェンジの近くにあるアンダーパスにつながる市道で、冠水を感知すると自動的に膨らむ「エアー遮断機」の運用を始めた。県内初だという。

アンダーパスにつながる市道に設置されたエアー遮断機(1日、高崎市で)
アンダーパスにつながる市道に設置されたエアー遮断機(1日、高崎市で)

 市土木課によると、このアンダーパスは年に1~2回冠水が発生し、2021年7月は水位が1・5メートルほどに達して車が水没した。手動ゲートがあるが、緊急時は職員の到着が間に合わず、エアー遮断機を導入した。水位が15センチを超えると空気が送り込まれ、20秒ほどで膨らむ。遮断機には発光ダイオード(LED)が内蔵されているほか非常用蓄電池もあり、停電時でも1時間稼働できる。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3133994 0 社会 2022/07/02 18:24:00 2022/07/02 18:24:00 2022/07/02 18:24:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)