駅で拾われたティファニー、落とし主を装い警察へ…同様手口で10点換金か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 落とし主になりすまし、警視庁遺失物センター(東京都文京区)で貴金属を受け取ろうとしたとして、警視庁は2日、住所不定、無職の男(63)を詐欺未遂容疑で逮捕した。警視庁は男が2月以降、同様の手口で指輪やネックレス、腕時計など計約10点をだまし取り、換金していたとみている。

警視庁
警視庁

 発表によると、男は5月6日、宝飾品ブランド「ティファニー」の指輪の落とし主を装って遺失物センターを訪れ、指輪を受け取ろうとした疑い。係員に「宝石がついた指輪」と申告したが、実物と特徴が違ったため発覚した。調べに「金に困っていた」と容疑を認めている。

 指輪は都営地下鉄の駅で拾われたものだった。男は事前に都交通局に「指輪をなくした」と電話し、職員との会話の中で拾得日時や場所などを聞き出していたという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3134200 0 社会 2022/07/02 20:14:00 2022/07/02 20:14:00 2022/07/02 20:14:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50137-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)