猛暑日、都心は最長タイの8日連続…KDDI障害で各地のデータ集計しきれず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国的な厳しい暑さは2日も続き、東京都心は正午過ぎに最高気温35・2度を観測した。都心が35度以上の猛暑日となるのは8日連続で、観測が始まった1875年(明治8年)以降、過去最長タイの記録となった。これまでの最長記録は7年前の2015年7月31日~8月7日の8日間。

 気象庁によると、2日は長野県上田市で38・8度、京都市で38・6度、福島県伊達市で38・4度などを記録。35度以上の猛暑日は全国で134か所に上り、上田市など3か所は観測史上最高気温を更新した。ただ、KDDIの通信障害の影響で、気温データが把握できていない観測地点も多く、猛暑日の地点数などは暫定的な数字だという。

auの店舗に掲示された通信障害を伝える貼り紙(2日午後6時15分、東京都千代田区で)
auの店舗に掲示された通信障害を伝える貼り紙(2日午後6時15分、東京都千代田区で)
東京消防庁
東京消防庁

 東京消防庁のまとめでは、都内では2日午後9時までに3~100歳の計185人が熱中症の疑いで搬送された。このうち50歳代の男女3人が重篤で、40~90歳代の男女計10人が重症と診断されたという。

 気象庁によると、3日以降は台風4号の北上などの影響で、西日本を中心に天気が崩れる見込み。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3134925 0 社会 2022/07/02 23:07:00 2022/07/03 00:25:43 2022/07/03 00:25:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50182-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)