妊婦は素足で120m先に飛び出した…突然倒れた男性、「小1の自由研究」に助けられる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

AEDを使った救命措置を再現する林さん一家
AEDを使った救命措置を再現する林さん一家

 親子3人が連携して突然倒れた訪問作業員の命を救ったとして、東京消防庁は2日、東京都江戸川区の小学校副校長、林正隆さん(50)と妻の美弘さん(37)、長女の 陽月ひづき さん(9)に消防総監感謝状を贈った。

林陽月さん(中央)がまとめたAED設置場所の冊子を紹介しながら、当時の状況を振り返る正隆さん(左)と美弘さん(2日)
林陽月さん(中央)がまとめたAED設置場所の冊子を紹介しながら、当時の状況を振り返る正隆さん(左)と美弘さん(2日)

 同庁によると、6月4日午後6時頃、林さん方の2階キッチンで、リフォーム工事で訪れていた作業員の男性(49)が突然、意識を失って床に倒れた。

 林さんは、ハーフマラソン完走後に倒れて心肺停止になった経験があり、119番後にすぐ心臓マッサージを開始。美弘さんは妊娠中だったが素足で自宅を飛び出し、自動体外式除細動器(AED)がある120メートル先のマンションに急いだ。

 美弘さんがすぐに動けたのは、現在4年生の陽月さんが1年生の夏休みの自由研究で、自宅周辺のAED設置場所を地図にまとめたことがあったからだった。

 陽月さんは1階で待機し、救急隊を速やかに2階へ案内。男性はその後意識が戻り、一命を取りとめた。

 林さんは「助けてもらった恩返しができてよかった」と振り返り、陽月さんは「自由研究が役に立つとは思わなかった。(男性が)元気になってほっとした」と笑顔を見せた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3134358 0 社会 2022/07/02 21:08:00 2022/07/03 11:14:14 2022/07/03 11:14:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)