メタノール加熱中、一斗缶でつぎ足したら…こぼれて炎上・児童4人やけど

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 群馬県沼田市立沼田小で理科の実験中に児童4人がやけどの重軽傷を負った事故で、男性教員(61)が「メタノールをビーカーで加熱中、一斗缶(18リットル)でメタノールをつぎ足した際にこぼれて炎上した」と説明していることが市教育委員会などへの取材でわかった。群馬県警は業務上過失致傷容疑を視野に、実験手順や事故原因を詳しく調べる。

児童がやけどを負った理科室。中央の机で実験が行われていた(30日、群馬県沼田市立沼田小で)
児童がやけどを負った理科室。中央の机で実験が行われていた(30日、群馬県沼田市立沼田小で)

 市教委などによると、事故は6月30日、ジャガイモの葉の色素を抜く6年生の実験中に発生。教員の説明では、生徒に配るメタノールをビーカーに入れて、教卓のカセットコンロでじかに加熱していた。液量が足りないため、火をつけたまま一斗缶を持ち上げてビーカー(1リットル、口径約10センチ)に注いだところ、引火して5メートルほど先の児童4人に飛び散ったという。

 通常の実験ではメタノールではなくエタノールを使い、湯煎する。教科書には「絶対に、エタノールの入った入れ物を、直接熱したり、エタノールのそばで火を使ったりしない」と書かれている。県警はエタノールより沸点の低い工業用のメタノールを使用した経緯も調べる。

 同校が1日に開いた保護者向け説明会で、教員は「教員なら火にかけても大丈夫だと思った。実験を早く進めたかった」と謝罪した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3135964 0 社会 2022/07/03 14:01:00 2022/07/03 14:01:00 2022/07/03 14:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50166-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)