東京タワーから見上げる夜空、無数の「打ち上げ花火」浮かぶ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東京タワーの展望デッキで、夜景を背景に映し出された色とりどりの花火(2日午後7時45分、東京都港区で)=鈴木毅彦撮影
東京タワーの展望デッキで、夜景を背景に映し出された色とりどりの花火(2日午後7時45分、東京都港区で)=鈴木毅彦撮影

 東京タワー(東京都港区)のメインデッキ2階(高さ約150メートル)で、窓から見える夜景に夏をイメージした映像を重ねる「プロジェクションマッピング」が来場者の人気を集めている。

 投影されるのは、雨にぬれるアジサイや積乱雲が浮かぶ空、色鮮やかな無数の打ち上げ花火など約8分間の映像。栃木県日光市から家族で来た女の子(10)は「夜景と花火が一緒に見られて良かった」と笑顔で話した。メインデッキ1階でも2万個超の発光ダイオード(LED)が通路や天井を彩るイルミネーションが行われている。9月4日まで。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3134909 0 社会 2022/07/02 23:00:00 2022/07/02 23:00:00 2022/07/02 23:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50171-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)