2歳女児熱中症死「柵に閉じ込め外出度々」…「息してない」連絡に水をかけるよう指示

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府富田林市の自宅に放置された2歳の女児が熱中症で死亡した事件で、祖母とともに保護責任者遺棄容疑で逮捕された同居の男が調べに対し、過去にも複数回、女児を乳幼児用の柵「ベビーサークル」内に閉じ込めて外出した、と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。育児のストレスを解消するためだったという。柵は四方に板が張られるなど改造されており、大阪府警が経緯を調べている。

女児が閉じ込められていた柵のイメージ
女児が閉じ込められていた柵のイメージ

 無職の祖母(46)と同居する自営業の男(50)は、6月29日午前5時頃から午後4時頃までの11時間、女児(2)を置き去りにしたとして逮捕された。女児の育児には同居の男も関わっていた。

 女児が閉じ込められていた柵は、高さ88センチ、奥行き91センチ、横幅124センチ。もともとベビーベッドだったが、柵の中程にあった寝台部分が取り外され、ベビーサークルとして使われていた。女児の身長は柵より低く、自分で外に出ることはできなかった。

 2人は同日朝に自宅を出る際、柵の中で寝ている女児を確認し、そのまま出たと供述。エアコンをつけて窓を開け、大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに出かけたと説明する。窓が開いていたことで冷房が利かない状態だったとみられ、女児は水分を失って脱水症状を起こし、熱中症で死亡した。

 捜査関係者によると、同居の男はその後の調べに「外出は育児ストレス解消のためだった」とし、「これまでも度々、柵の中に入れたまま外出していた」とも述べている。

 女児の祖母も「(女児が)言うことを聞いてくれなかった。育児で精神的にしんどかった」としている。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3135209 0 社会 2022/07/03 05:00:00 2022/07/03 07:41:12 2022/07/03 07:41:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYT1I50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)