タクシー降りようとした姉妹、知人の29歳男に腹部刺される

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 知人の姉妹を刃物で刺したとして、沖縄県警宜野湾署は3日、同県浦添市、自称会社員 兼次かねし 克也容疑者(29)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。「刺したことは間違いない」と容疑を認めているという。

沖縄県警本部
沖縄県警本部

 発表によると、兼次容疑者は3日午前1時40分頃、宜野湾市の駐車場で、タクシーから降りようとしていた30歳代と20歳代の姉妹の腹部などを刃物で刺した疑い。2人は病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 現場は姉の自宅近くで、妹が「知人に刺された」と110番した。姉妹と兼次容疑者の間でトラブルがあったとみられるという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3135491 0 社会 2022/07/03 08:58:00 2022/07/03 19:03:42 2022/07/03 19:03:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)