予報では最高気温31度だったが…都心35・3度、「猛暑日」9日連続で過去最長

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都心は3日午後0時8分に35・3度を観測した。都心が35度以上の猛暑日となるのは9日連続で、観測が始まった1875年(明治8年)以降、過去最長となった。

気象庁
気象庁

 これまでの最長記録は7年前の2015年7月31日~8月7日の8日間で、今回は前日2日に35・2度を観測し、これに並んでいた。気象庁の3日の天気予報では都心の最高気温は31度の予想だった。

 3日午後5時20分までの各地の最高気温は、福島県伊達市の37・7度がトップ。次いで、福島市の36・8度、岩手県岩泉町の36・3度、栃木県佐野市の36・2度、茨城県笠間市の36・0度と続き、主に南東北や北関東が上位を占めた。

 また、午後5時までに全国の27地点で35度以上の猛暑日を記録、469地点で30度以上の真夏日になった。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3135588 0 社会 2022/07/03 10:17:00 2022/07/03 18:04:52 2022/07/03 18:04:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)