女性客「ATMで100万円下ろせない」…相談受けた女性職員、詐欺と気づく

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 電話詐欺を未然に防いだとして、山梨県警南甲府署は山梨県民信用組合青沼支店(甲府市青沼)の女性職員(47)と支店長(50)に感謝状を贈った。

山梨県警察本部
山梨県警察本部

 女性職員は6月3日、同支店を訪れた80歳代女性から「ATMで100万円を下ろしたいが下ろせない」と相談を受けた。理由を尋ねると「お金を盗まれて困っていると おい から電話があった」と話したため、詐欺を疑って支店長などに報告。その後、支店が警察に通報した。

 同署の瀬戸良広署長は6月28日に同支店を訪れ、「さらに多額をだまし取られた可能性もあったので、阻止してもらえて大変ありがたい」と2人に感謝状を手渡した。女性職員は「お客様の大切なお金を守ることができてよかった。今後も、不審に思った際は丁寧に声をかけていきたい」と話していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3135967 0 社会 2022/07/03 14:01:00 2022/07/03 14:01:00 2022/07/03 14:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)