最高気温31度予想だったのに…都心の猛暑日9日連続で最長更新、都内で3歳も搬送

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3日は関東や東北で猛暑が続き、東京都心は昼過ぎに最高気温35・3度を記録した。9日連続で35度以上の猛暑日となり、観測が始まった1875年(明治8年)以降の過去最長記録を更新した。気象庁によると、都心の最高気温は31度と予想されていたが、日中の晴れ間に気温が一気に上昇したという。

扇子で涼をとりながら街頭演説に耳を傾ける人たち(3日)
扇子で涼をとりながら街頭演説に耳を傾ける人たち(3日)

 猛暑日となったのは、福島県伊達市(37・7度)、栃木県佐野市(36・2度)など27地点。2日に発生したKDDIの通信障害の影響で、長時間にわたり気温や降水量などのデータが集約できなかった地点が多くあり、時間帯によっては欠測となってしまう地点も出るという。

 東京消防庁によると、東京都内では3日午後9時時点で、3~98歳の計91人が熱中症の疑いで搬送された。このうち70歳代の男女計3人が重症という。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3136336 0 社会 2022/07/03 19:48:00 2022/07/03 21:27:42 2022/07/03 21:27:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)