尖閣周辺の接続水域を中国軍艦艇が航行…直前にロシア軍艦艇も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 防衛省は4日、沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域内を中国軍の艦艇1隻が航行したと発表した。領海への侵入はなかった。日本政府は外交ルートを通じて中国側に抗議し、再発防止を求めた。

尖閣諸島の(手前から)南小島、北小島、魚釣島(沖縄県石垣市で、読売機から)
尖閣諸島の(手前から)南小島、北小島、魚釣島(沖縄県石垣市で、読売機から)

 同省によると、艦艇はジャンウェイ2級フリゲートで、同日午前7時44分頃に接続水域に入り、同50分頃に出た。海上自衛隊の護衛艦「あぶくま」が警戒監視にあたった。中国軍の艦艇が尖閣周辺の接続水域内に入ったのは2018年6月以来で4回目。

 同日午前7時5分頃から約1時間、ロシア軍の艦艇1隻も尖閣諸島周辺の接続水域内を航行しており、同省は中国艦がロシア艦の動きに対応するため付近を航行した可能性があるとみている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3138509 0 社会 2022/07/04 13:27:00 2022/07/04 14:39:22 2022/07/04 14:39:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220704-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)