東新潟火力発電所で火災、一部を運転停止…電力需給に大きな影響なし

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東北電力は4日、東新潟火力発電所(新潟県聖籠町)で3日夜に火災が発生し、一部で運転を停止したと発表した。「3―2号系列」(最大出力60・5万キロ・ワット)という3基が一体となった発電機のうちの1基で、ガスタービン起動装置から出火した。残る2基は運転を継続しているが、最大出力は20万キロ・ワット低下しているという。経済産業省によると、現状で電力需給への大きな影響はないという。

 3日午後11時半頃に出火。4日午前0時過ぎに消防が鎮火を確認した。けが人はなかった。原因は調査中で、復旧のめどは立っていないという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3138584 0 社会 2022/07/04 14:02:00 2022/07/04 16:20:11 2022/07/04 16:20:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220704-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)