高校が無許可で生徒をバス送迎、年4500万円を徴収か…「白バス行為」として校長を書類送検

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 無許可で生徒の送迎を有料で行う「白バス行為」をしたとして、静岡県警静岡中央署は4日、静岡市葵区の学校法人静岡理工科大学と同法人が運営する静岡北高校の校長の男(56)を道路運送法違反(有償運送の禁止)容疑で静岡地検に書類送検した。

静岡県警察本部
静岡県警察本部

 発表によると、校長らは昨年7月上旬頃~中旬頃、国土交通相の許可を得ずに大型バスやマイクロバスなど計7台で生徒を送迎した疑い。年間で約4500万円を受け取っていたとみられる。

 同法人によると、昨年度は静岡北中学校と合わせて生徒457人が通学でバスを使い、生徒が静岡市内なら8万6400円、市外なら10万7520円の年間利用料を徴収していた。同法人は調査委員会を設置して経緯や原因を調べるとし、「このようなことが起こらないよう、法令 遵守じゅんしゅ の徹底に努める」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3140859 0 社会 2022/07/05 07:46:00 2022/07/05 23:58:41 2022/07/05 23:58:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220704-OYT1I50131-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)