1年半前の内部試験でカンニング、陸曹を減給処分…教官が消しゴムの書き込み発見

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上自衛隊桂駐屯地(京都市西京区)は4日、内部試験でカンニングをしたとして、中部方面後方支援隊に所属する40歳代男性の1等陸曹を減給30分の1(1か月)の懲戒処分にした。

 発表によると、1等陸曹は2020年12月1日、大津駐屯地(大津市)で開かれていた陸自内の課程教育に参加中、試験問題に関わる内容を書き込んだ消しゴムを持ち込み受験。監督をしていた教官が消しゴムに気づき、失格にしたという。

 桂駐屯地は、1年半が経過しての発表となったことについて「事実確認と処分の手続きに時間を要したため」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3141408 0 社会 2022/07/05 11:23:00 2022/07/05 11:23:00 2022/07/05 11:23:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220704-OYT1I50145-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)