サマージャンボ発売、3日前から並んだ男性「夢を買いに来た」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1等と前後賞合わせて7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」の発売が5日、全国で始まった。東京・銀座の「西銀座チャンスセンター」では、同日午前8時半の販売開始前から約120人が列を作った。

「サマージャンボ宝くじ」が発売され、売り場で列を作る人たち(5日午前8時26分、東京都中央区で)=青木瞭撮影
「サマージャンボ宝くじ」が発売され、売り場で列を作る人たち(5日午前8時26分、東京都中央区で)=青木瞭撮影

 今年は1等(5億円)が24本、前後賞(1億円)が48本。1等3000万円の「サマージャンボミニ」も同時に発売が始まった。それぞれ8月5日まで販売され、抽選は同17日に行われる。

 縁起を担いで1番窓口の先頭に、3日前の今月2日朝から並んでいたという茨城県鹿嶋市の無職男性(86)は「明るい話題が少ないので、ここに夢を買いに来た。当たるかどうかのワクワク感を楽しみたい」と話していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3141499 0 社会 2022/07/05 11:35:00 2022/07/05 11:35:00 2022/07/05 11:35:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)