北海道テレビ社員、7か月男児を8時間放置…内縁の妻と飲酒「見守りカメラで見ていた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 生後7か月の男の子を自宅に約8時間放置したとして、北海道警札幌白石署は4日、札幌市白石区の無職の女(25)と、内縁関係で北海道テレビ放送(HTB)社員の男(47)を保護責任者遺棄容疑で逮捕した。男の子は2人の実子で、けがなどはないという。

北海道警察本部
北海道警察本部

 発表では、2人は2日午後8時半頃から3日午前4時25分頃まで自宅に男の子を置き去りにした疑い。

 同署幹部によると、2人はこの間、市内の飲食店で酒を飲んでおり、「これまでも子供を置いて出かけたことがある」と供述。女は「携帯電話の見守りカメラで見られるようにしていた」と話しているという。

 女が3日午前3時頃に1人で先に帰宅し、「子供が部屋の中にいるが、家の鍵をなくして入れない」と同署に通報。地元消防などが窓ガラスを割って部屋に入り、男の子を保護した。

 HTBは「社員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係が明らかになり次第、厳正に対処します」とのコメントを出した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3141919 0 社会 2022/07/05 13:47:00 2022/07/05 13:47:00 2022/07/05 13:47:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)