道志村不明女児の母をネット中傷、71歳に2審も有罪判決

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山梨県道志村のキャンプ場で2019年に行方不明になった当時小学1年の小倉美咲さんの母とも子さん(39)をインターネット上で中傷したとして、名誉 毀損きそん 罪に問われた無職の男(71)の控訴審判決で、東京高裁(大善文男裁判長)は5日、懲役1年6月、執行猶予4年とした1審・千葉地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

小倉美咲が行方不明となったキャンプ場付近(5月2日、読売ヘリから撮影)
小倉美咲が行方不明となったキャンプ場付近(5月2日、読売ヘリから撮影)

 判決によると、男は20年、自身のブログに「美咲ちゃん事件 募金詐欺」などと投稿し、とも子さんの名誉を傷つけた。

 弁護側は「情報の信頼性が低く、社会的評価が低下する程度も小さい」として量刑が重すぎると主張したが、高裁は「ネット上の情報は容易に拡散され、社会的評価を低下させる危険性は高い」として退けた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3143189 0 社会 2022/07/05 20:51:00 2022/07/06 19:16:52 2022/07/06 19:16:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYT1I50144-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)