15歳養女に性的興奮を感じ乱暴、男が事実認める…「嫌がっていると思わず」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自宅で当時15歳の養女に乱暴したとして、監護者性交罪に問われた神奈川県内在住の男(44)の初公判が5日、横浜地裁(鈴木秀行裁判長)であり、男は起訴事実を認めた。

横浜地方裁判所
横浜地方裁判所

 起訴状などによると、男は養女が小学3年の頃から元妻と3人で暮らし始め、今年3月、自宅で養女に乱暴したとされる。

 検察側は冒頭陳述で、男が成長した養女に性的興奮を感じていたと指摘。養女は仕返しをおそれ、誰にも相談できなかったという。

 男は被告人質問で、養女との関係性などについて問われ、「嫌がっているとはまったく思わなかった」と述べた。

 弁護側は、男が被害者らに謝罪文と慰謝料を送ったとした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3144258 0 社会 2022/07/06 07:33:00 2022/07/06 08:38:52 2022/07/06 08:38:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYT1I50167-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)