「内密出産」赤ちゃん、特別養子縁組を前提に里親委託…慈恵病院「出産女性の希望」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 慈恵病院(熊本市)の蓮田健理事長は5日、記者会見を開き、同病院が独自に導入している「内密出産」で昨年12月に生まれた1例目の子どもの養育先が里親となる見通しとなったことについて、出産した女性の希望である「特別養子縁組を前提とした里親委託だ」と述べた。

慈恵病院
慈恵病院

 里親に預けられた子どもは通常、6か月以上育てられ、家庭裁判所が認めれば戸籍上も親子となる。病院によると、女性は昨年12月に出産後、特別養子縁組を希望していることを病院に伝えていた。

 一方、熊本市は5日、読売新聞の取材に対し、養育先を決める際に必要な身元などの調査は「女性の匿名性を尊重しながら可能な範囲で行った」と説明。養育先などの意向確認も「病院を通じて意思確認した」とした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3143780 0 社会 2022/07/05 23:33:00 2022/07/05 23:33:00 2022/07/05 23:33:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYT1I50172-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)