2歳女児熱中症死、同居の男「USJの前に奈良に行った」…長時間放置するつもりで外出か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府富田林市の自宅に放置された2歳の女児が熱中症で死亡した事件で、祖母とともに逮捕された同居の男が調べに対し、事件当日の行動について「(大阪市此花区の)USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の前に、奈良に行った」と供述していることがわかった。USJの当日の開園時間は午前10時で、府警は、家を出た当初から複数の場所を訪れ、女児を長時間放置するつもりだった可能性があるとみている。

女児の遺体が見つかった集合住宅の一室(大阪府富田林市で)
女児の遺体が見つかった集合住宅の一室(大阪府富田林市で)

 逮捕されたのは、祖母(46)と同居する男(50)の両容疑者。6月29日午前5時頃、板張りされた乳児用の柵「ベビーサークル」の中に祖母の孫の女児(2)を閉じ込めて外出し、同日午後4時頃まで置き去りにしたとして、保護責任者遺棄容疑で逮捕された。柵の中に飲食物はなく、女児は脱水症状を起こして熱中症で亡くなった。

 2人は同日朝に自宅を出る際、柵の中で寝ている女児を確認したと説明。エアコンをつけて窓を開け、祖母の五男(5)を連れて、車でUSJに出かけたと述べていた。

 捜査関係者によると、その後の調べに、同居の男が家を出て、奈良に向かったと述べたという。

 府警は供述などを踏まえ、事件当日の詳しい行動を調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3143942 0 社会 2022/07/06 05:00:00 2022/07/06 09:39:11 2022/07/06 09:39:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220706-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)