水上バイクの酒気帯び操縦で初摘発、「ハイボール1リットル飲んだ」社長を書類送検

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 酒を飲んで水上バイクを操縦したとして、警視庁大井署は6日、千葉県八千代市、建築会社社長の男(44)を東京都水上安全条例違反(酒気帯び操縦)容疑で東京地検に書類送検した。2018年7月の同条例の施行後、水上バイクの摘発は初という。

警視庁
警視庁

 発表によると、男は5月3日午前、江東区の砂町運河で、酒気帯び状態で水上バイクを操縦した疑い。警戒中の警察官が船着き場で呼気検査を行い、発覚した。調べに「乗船前にハイボール約1リットルを飲んだ」と容疑を認めている。

 男は埼玉県から仲間約10人と水上バイク7台に分乗して東京湾に向かっていた。夏のレジャーシーズンの本格化に備え、警視庁は取り締まりを強化する方針。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3146095 0 社会 2022/07/06 21:03:00 2022/07/06 21:03:00 2022/07/06 21:03:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220706-OYT1I50141-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)