感染者数が急増、「BA・5」への置き換わりが拍車

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 感染者数が急増した要因について、専門家らは、ワクチン接種や感染によって得た免疫の働きの低下や、人と人との接触機会の増加が大きいと分析する。厚生労働省の助言機関は、オミクロン株の新系統「BA・5」への置き換わりが拍車をかけているとみている。BA・5は、これまで主流だったBA・2より感染力が約1・2倍強いとの報告もある。

青森県で新たに2060人コロナ感染、初の2000人超え
厚労省
厚労省

 ただし、重症化しにくいオミクロン株の特性もあり、今のところ、医療は 逼迫ひっぱく していない。内閣官房の集計によると、今月5日時点の病床使用率は、東京都で16%。30%を超えているのは、沖縄(48%)、熊本(33%)、島根(32%)の3県のみだ。ただし、現状では感染者の約半数を20歳代以下が占めるが、今後は若者から高齢者に広がり、重症者が増える恐れもある。

 舘田一博・東邦大教授(感染症学)は「BA・5の感染力を考慮すると、感染対策への意識が緩んだままでは、急激な感染拡大につながる恐れもある。医療逼迫を招かぬよう、会話する際のマスク着用や換気など、個人個人が基本的な感染対策を改めて徹底することが重要だ」と指摘する。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3146582 0 社会 2022/07/06 22:41:00 2022/07/06 22:41:00 2022/07/06 22:41:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220706-OYT1I50159-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)