救急搬送「困難事案」、1週間で過去最多6307件…「BA・5」急拡大に熱中症重なる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省消防庁は2日、救急患者の搬送先がすぐに見つからない「救急搬送困難事案」が7月25~31日の1週間で6307件(前週比5%増)に上ったと発表した。新型コロナウイルスの「第6波」に見舞われた今年2月第3週(6064件)を上回り、過去最多。感染力の強いオミクロン株の新系統「BA・5」の急拡大と、熱中症の原因となる連日の猛暑が重なった。

コロナ第7波で子供の感染2・2倍…小児病床は綱渡り、手術延期も
救急車両(横浜市で)
救急車両(横浜市で)

 搬送困難事案は、医療機関に患者受け入れを3回以上断られ、さらに救急車が現場に30分以上とどまった事例で、同庁は全国主要都市の52消防本部からの報告をまとめている。

 6307件のうち、コロナ感染の疑いがあるケースは2789件(同4%増)で、こちらも過去最多を更新。東京消防庁からの報告が1076件で、4割近くを占めた。

 金子総務相は2日の閣議後の記者会見で「救急の現場は非常に厳しい状況にある。救急車の適時適切な利用にご理解と、ご協力をお願いしたい」と語った。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3222391 0 社会 2022/08/02 17:25:00 2022/08/03 02:00:05 2022/08/03 02:00:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/08/20220802-OYT1I50098-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)