脳卒中で搬送の男性、感染判明「これで満床です」…コロナ軽症でも重症病床逼迫の事態

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染「第7波」で、各地の救急医療が 逼迫ひっぱく している。東京都内では、脳卒中などの救急患者がコロナに感染しているケースが相次ぎ、コロナ用に準備した重症病床が埋まる大学病院も出始めた。救急患者の搬送先がすぐに見つからない全国の「救急搬送困難事案」も直近1週間で過去最多を更新した。

4~6月期のGDP、年率2・2%増…3四半期連続プラス成長
脳卒中で救急搬送された患者。検査で新型コロナウイルス感染が判明した(2日、東京都文京区の日本医科大学病院で)
脳卒中で救急搬送された患者。検査で新型コロナウイルス感染が判明した(2日、東京都文京区の日本医科大学病院で)

 「これで満床です」

 2日午前、東京都文京区の日本医科大学病院高度救命救急センター。横堀将司センター長は、看護師からの電話を切ると、厳しい表情を見せた。

 この日、脳卒中で救急搬送された70歳代の男性患者が、検査で新型コロナ陽性と判明。脳卒中用の病床で受け入れる予定を、コロナの重症病床に切り替えた。同病院が確保していたコロナ重症病床の8床は、すべて埋まった。

 ただし、重症病床の8人のうち、コロナ感染で重症化している患者は1人のみ。残りは、コロナ自体は軽症で、脳卒中や糖尿病、敗血症など別の病気の重症患者だ。横堀センター長は「ほかの病気で救急搬送された患者が、実はコロナだったと分かるケースが急増している。オミクロン株は重症化しにくいと言われるが、思いのほか重症病床が逼迫してしまう」と話す。

 内閣官房によれば1日時点の都内の重症病床使用率は56%。だが、コロナの感染対策を講じた上で、緊急手術など高度な医療が提供できる医療機関は限られ、救急患者の搬送はすでに難しくなっている。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
3223706 0 社会 2022/08/03 05:00:00 2022/08/03 08:37:32 2022/08/03 08:37:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/08/20220802-OYT1I50174-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)