読売新聞オンライン

メニュー

黄色い家

  • 黄色い家 第4回 川上未映子

    会員限定
     自分で描いた絵なんかよりも、知らないうちにいろんな色が散らばって混じりあっているパレットのほうがずっといいのになと思っていた。洗い流すのがもったいないといつも思っていた。赤や青や、黄色や、いろんな色が知らないうちに――…
    記事へ
  • 黄色い家 第3回 川上未映子

    会員限定
    今から二十年くらい前、わたしがまだ若かった頃の数年間を、一緒に暮らした黄美子さん。記事には六十歳とある。あの黄美子さんが六十歳? 信じられなかった。普通に考えれば実際にそれだけの時間が流れて、わたしだって四十歳になってい…
    記事へ
  • 黄色い家 第2回 川上未映子

    会員限定
    わたしはその記事を三度くりかえして読んだあと、胸の奥から塊のような大きな息をひとつ吐いた。指先がかすかに震えて感じられるくらいに、心臓がどきどきと脈打っていた。黄美子さんだ。間違いない。あの黄美子さんが捕まったのだ。 吉…
    記事へ
  • 黄色い家 第1回 川上未映子

    会員限定
     第一章 再会 1 このさき、自分がどこで生きることになっても、何歳になっても、どうなっても、彼女のことを忘れることはないだろうと思っていた。  けれど今さっき、偶然 辿 ( たど ) りついた小さなネット記事で彼女の名…
    記事へ
  • “女性の連帯”サスペンス調で

    作家、川上未映子さん(44)の朝刊連載小説『黄色い家』が24日から始まる。『夏物語』や『ヘヴン』の英訳版が評判を呼ぶなど、海外でも脚光を浴びる著者が初めて手がける新聞連載小説だ。「朝の忙しい時間に読んで、印象に残る作品に…
    記事へ
  • 川上未映子さんの「黄色い家」24日スタート

     角田光代さんの朝刊連載小説「タラント」に続き、24日から川上未映子さん(44)の「黄色い家」が始まります。「夏物語」が英訳され、海外でも注目を集める作家の初のサスペンスタッチの作品です。ある出来事をもとに、様々な事情を…
    記事へ
  1. 1

アクセスランキング

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)