• 任侠シネマ 第202回 今野敏

    会員限定
     「二人は『ひいらぎ』という店に入りました。並木通りに面したビルの中です」  「クラブだな?」  「高級そうなクラブです」  健一が中に入って様子を見るのは難しいだろう。犬塚と梅中仁志が銀座の割烹で食事をし、高級クラブに…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第201回 今野敏

    会員限定
     「『千住興業』がそれほど稼いでいるとは思えませんしね……」  「景気がいいのは、ごく一部のやつらだ」  「そうですね……」  日村たちの稼業は、景気の良し悪しを如実に肌で感じる。極論すれば、日村たちのところに回ってくる…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第200回 今野敏

    会員限定
     稔が尋ねた。  「梅中仁志ですか?」  助手席の健一がこたえる。  「ああ。割烹で犬塚常務と食事をしていたのが、梅中仁志だった」  「へえ……。けっこう有名人ですよね」  「そうだな……」  二人のやり取りを聞きながら…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第199回 今野敏

    会員限定
     健一が稔に電話をして、車を呼び戻した。  先ほど車を下りた場所で待っていると、車がやってきた。  健一が助手席に、日村は後部座席に乗り込んだ。  日村は稔に言った。  「このまま張り込む」  「わかりました」  駐禁の…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第198回 今野敏

    会員限定
    14  店を出ると、日村は健一に言った。  「常務といっしょにいた男、見たか?」  「ええ、見ました」  「見覚えがあるような気がするんだが、どこで見たのか思い出せない」  「テレビでしょう」  「テレビ……?」  「あ…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第197回 今野敏

    会員限定
     「ああ……」  女性従業員は、少しばかり安心したような顔になった。「そうでしたか……」  日村はさらに言った。  「犬塚常務が来ているだろう? 誰がいっしょなのかと思って……」  犬塚の名前を聞いて、さらに安心したらし…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第196回 今野敏

    会員限定
     日村はその引き戸を開けた。すぐに和服姿の従業員がやってきて言った。  「いらっしゃいませ。ご予約のお客様ですか?」  「いや、連れを探しているんだ」  「お連れさまのお名前は?」  「お店の中を、ちらっと見せてもらうだ…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第195回 今野敏

    会員限定
     日村は言った。  「通り過ぎてから停めるんだ。俺と健一は車を下りるから、おまえは車にいて、いつでも俺たちを拾えるようにしていろ」  「了解しました」  稔が車を縁石に寄せて停める。日村と健一はすぐに車を下りた。犬塚常務…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第194回 今野敏

    会員限定
     稔の尾行術はなかなかのものだった。さすがは元暴走族だと、日村は感心していた。どんな連中にも取り得があるものだ。  稔は必ず、対象車との間に車を挟んでいた。あるいは、別の車線から追尾した。逆に信号が近づくと、すいと対象車…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第193回 今野敏

    会員限定
     稔がつぶやく。  「社長だったか……」  その車が出発してしばらくすると、また同様の黒塗りの車がやってきた。これも、役員車だろうと日村は思った。  「あ、犬塚常務です」  真吉が言った。日村は確認した。  「間違いない…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第192回 今野敏

    会員限定
     健一が稔と連絡を取り合って、車を駐めてある場所を確認していた。おかげで、探すこともなく稔たちと落ち合えた。  日村と健一は後部座席に乗り込んだ。稔が言った。  「勤務中ですからね。犬塚は外には出ていません」  「怪しい…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第191回 今野敏

    会員限定
     「犬塚が手を回して、ファンの会に脅しをかけているのかとも思いましたが、考え過ぎですかね……」  「どうかな……。ま、張り込みで何かわかるかもしれねえ」  「はい。じゃあ、失礼します」  「今しがた、誰かきていたようだな…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第190回 今野敏

    会員限定
     日村は組長室に向かった。ノックをするとすぐに返事があった。  「日村です。入ります」  「おう」  組長は机の向こうにいた。「どうした?」  「いえ、ちょっとお知らせしておいたほうがいいと思うことがありまして……」  …
    記事へ
  • 任侠シネマ 第189回 今野敏

    会員限定
     午後五時になった。日村は、ずっとパソコンに向かっているテツに言った。  「何かわかったか?」  テツはパソコンの画面を見つめたままこたえる。  「いえ、たいしたことは……」  たいしたことじゃないことはわかったというこ…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第188回 今野敏

    会員限定
     「我々はそうは思っておりませんが、警察の定義では暴力団になってしまうようです」  「うちはさ、親父の代から阿岐本さんにお世話になってるんだ。先代の阿岐本親分にもよくしてもらった。俺たちはね、代々そうやって生きてきたんだ…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第187回 今野敏

    会員限定
     「注文してもらって、礼を言うのはこっちのほうなんだよ。商売だからね。毎度ありがとうございます。またよろしくお願いします。そう言うのが商売ってもんだ」  「はあ……」  「だからさ、お客からばか丁寧なお礼なんぞ言われると…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第186回 今野敏

    会員限定
     食事が終わると、テツが犬塚常務の顔写真をプリントアウトした。稔と真吉がそれを持って出かけていった。  それからしばらくして、インターホンのチャイムが鳴り、健一が出た。  「あれ……。『葉月庵』の大将ですよ」  日村は訊…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第185回 今野敏

    会員限定
     テツが立ち上がった。パソコンを取りにいこうというのだろう。日村は言った。  「飯が済んでからでいい」  「はい」  テツは再び腰を下ろした。  稔が言う。  「顔がわかるなら、すぐに張り込み開始ですね」  「そうだな」…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第184回 今野敏

    会員限定
     『葉月庵』のバイトが出前に来た。  注文した品を受け取り、健一に支払いをさせると、日村はバイトに言った。  「警察から何か言われたんだろう? それなのに、こうして出前をしてくれて、本当に感謝している」  「えー? 警察…
    記事へ
  • 任侠シネマ 第183回 今野敏

    会員限定
     日村はうなずいた。  「いいだろう」  稔が尋ねる。  「それで、いつから張り込みます?」  「早いほうがいいだろうが、人相がわからないことには、どうしようもない」  「そりゃそうですね」  「まずは、飯でも食って考え…
    記事へ
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 11

アクセスランキング

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ