カーディ少年と暁の天使 第1回 茅田砂胡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 レゴン州コートニーの緑豊かな山腹に、一軒(いっけん)、ぽつんと小さな家が建っている。

 山の中だが、家の周りには草むらの平地が広がり、放し飼いの(とり)たちが草や虫を()んでいる。

 アガサ・マーシャルは夫を亡くして以来、この家で一人で暮らしていた。

 アガサの朝は早い。夜明けと同時に山に分け入り山菜(さんさい)()み、香草の畑と鶏の世話をするのが日課だ。

 夫の年金があるので、ほぼ自給自足の生活でも、暮らしぶりには余裕がある。時には町へ出て、友人たちとのおしゃべりや買い物を楽しんでいる。

 とはいえ、日常的に人と会うことはほとんどない。

 そんなアガサの生活に、ここ数日、変化が生じていた。

 朝の九時頃、屈強(くっきょう)な男たちが礼儀(れいぎ)正しく、彼女の小さな家を訪れた。

 「今日の分の卵をいただきに参りました」

 「はい。用意できていますよ。――あら?」

 アガサは笑顔で運送業者を迎えたが、ちょっと戸惑(とまど)い顔になった。

 「昨日までの方とは違うのね?」

 この二日間、同じ顔ぶれの二人が家に来ていた。

 二人ともまだ二十代と若く、中背で、肉体労働にしても、がっしりした体躯(たいく)で、無愛想に見えるほど表情が動かず、目つきも鋭い。

無断転載・複製を禁じます
1132132 0 カーディ少年と暁の天使 2020/04/01 05:20:00 2020/08/06 16:18:12 2020/08/06 16:18:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ