日本史B

 
無断転載禁止

総評と分析

視覚資料問題が姿を消し、戦後史が単独で4問も出題されるなど、これまでのセンター試験と大きく異なるものであった。政治史も大幅に増加した。

時代別では原始から戦後と全体的にバランスがとれていたが、戦後史の問題が昨年の2題から倍増した分、明治時代以降の近代史の出題が減少した。分野別では、政治史(外交を含む)の問題がかなり多くなり、文化史の問題が減少した。設問内容では、視覚資料が全くなく、その分、知識を重視する問題が増加した。

問題分析

大問数 大問数6で昨年から変更はない。
設問数 設問数36で昨年から変更はない。
解答数 解答数36で昨年から変更はない。

問題量

  • 昨年とほぼ同じ。

出題分野・出題内容

  • 第1問テーマ史、第2問原始・古代史、第3問中世史、第4問近世史、第5問幕末・近代史、第6問近現代史という構成。
  • 第1問テーマ史は昨年に続き会話文形式の問題。
  • 第2問は、2017年、群馬県の「上野三碑」がユネスコの「世界の記憶」に登録されたことを踏まえて、古代の金石文を素材として出題された。同様に第3問は、今年5月の改元を踏まえて「年号」を素材とする時事的な問題であった。
  • 第6問は小問8題中、半分の4題が戦後史に関する問題であった。そのうち1題は初めて平成から出題された。

出題形式

  • 出題形式では、写真・地図・グラフなどの問題が全くなくなるという過去に例がない大きな変化があった。
  • 史料問題は昨年同数であり、いずれも読み取り重視の問題であった。

難易度(全体)

  • 総合すると、昨年度並みの難易度である。昨年度と比較して、学習が十分に行き届きにくい戦後史の問題が倍増し、平成史からも出題されるなど、一部に難問も見られた。しかし、地図や図版、図表を用いた視覚資料問題が全くなくなったことで、取り組みやすい問題が増加した面もある。

設問別分析

第1問 (16点満点)

配点 出題内容 難易度
A7 古代~近代の政治・外交・社会 標準
B 9 古代~近代の政治・外交・文化 標準

古代~近代の政治・外交・社会・文化に関する問題であった。昨年度に続いて会話文形式の出題で、「地名の由来」がテーマとなっていた。昨年度とは違い、2015年度以前のように登場人物名が設定された。問2は、(3)の寛永通宝が輸入銭ではないことに注意したい。問3の史料問題は、X・Yともに読解が問われている。(注)も活用して確実に解答したい。問6のX『太陽のない街』の作者はbの徳永直である。aの永井荷風は大正期を中心に活動した耽美派の作家で、代表作としては『腕くらべ』などが知られる。

第2問 (16点満点)

配点 出題内容 難易度
A8 原始~古代の政治・外交・文化 標準
B 8 古代の政治・経済 標準

原始・古代の歴史研究と資料(古代の金石文)をテーマに、政治・経済・外交・文化が問われた。問3の百万塔はやや選びにくかったかもしれないが、正倉院宝庫が聖武太上天皇の遺品などを収めていることを押さえているかどうかがポイントであった。問5の史料問題は、本文だけでなく(注)にまでしっかりと着目する必要がある。Xは「永昌」が唐の年号であるということに注目したい。問6は10世紀前半において、戸籍に記載された成人男性を中心に課税する律令体制の原則が崩れ、土地を基礎に課税する体制に変容したことを理解しておきたい。

第3問 (16点満点)

配点 出題内容 難易度
A8 中世前期の政治 標準
B 8 中世後期の政治・社会・文化 標準

年号をテーマに、中世の政治・社会・文化について問われた。問2は、院政や当時の地方制度に対する理解が必要である。問4は、リード文から「応永」が主に3代将軍足利義満や4代義持の時期の年号であると判断できるかがカギ。リード文を読む習慣のない受験生は苦戦しただろう。問6は、室町時代の農業や特産品の生産、林下などの仏教史の知識について正確に理解しているかが問われた。木綿が日朝貿易の結果、国内で生産されるようになったことも重要。

第4問 (16点満点)

配点 出題内容 難易度
A8 近世の政治・社会 やや難
B 8 近世の政治・文化 標準

近世の政治・社会・文化に関する問題であった。問2は(3)の「村入用」や(4)の「結・もやい」といった用語の内容がやや難しい。問3の史料問題は、「名主」「組頭」という役名を史料から見出せるか、「入会」の用語が共同利用を意味していると判断できるかがポイントである。問4はアの、川柳と狂歌の区別を作者の大田南畝から判断できるかがポイント。問6の年代整序問題は、IIの唐人屋敷の設置時期がやや難しい。唐人屋敷は、1641年にオランダ商館が出島に移されて「鎖国」が完成した約半世紀後に設けられた。

第5問 (12点満点)

配点 出題内容 難易度
12 幕末・近代初期の政治 標準

近世(幕末)・近代初期における公家と華族をテーマに、政治史を中心に出題された。標準的な問題が多く、取りこぼしのないようにしたい。問1はイに注意。大審院は現在の最高裁判所に当たり、「法律案を審議する」のではなく法律に拠って裁判を行う機関である。問3はやや細かい事項が並び、他の選択肢に迷うことなく選択できたかがポイントとなる。

第6問 (24点満点)

配点 出題内容 難易度
A9 近代の政治・外交 標準
B 9 昭和戦後の政治 標準
C 6 昭和戦後~平成の政治・外交 やや難

第6問は例年、人物史をテーマとすることが多いが、今年度は近現代の日米関係をテーマに、政治史を中心に出題された。また、8問中4問が戦後史からの出題であり、昨年度から倍増した。問2は(4)の「新憲法の制定に着手した」で判断が迷ったかもしれない。日本国憲法を制定した時の首相は吉田茂だが、着手したのは幣原喜重郎である。問6の史料問題は、史料をよく読めば解答は難しくない。問8は平成からの出題でやや難。aとbの正誤判断がしっかりできるかがポイントとなる。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
平均点 62.19点 59.29点 65.55点 62.01点 66.32点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。


センター・国公立2次試験日程
1月14・15日 センター本試験
1月21・22日 センター追試験
1月23日~ 国公立2次出願受け付け
2月25日~ 国公立2次前期試験
3月1日~ 前期合格発表(公立大学)
3月6日~ 前期合格発表(国立大学)
3月8日~ 公立中期試験
3月12日~ 後期試験
3月20日~ 中・後期合格発表

※日程は変更になる場合があります

ページTOP