地理B

 
無断転載禁止

総評と分析

即答できる問題もあり、図表、統計資料の分析等は一見難しいが、正確な知識があれば正解に至ることのできる問題が中心である。

地理の全分野、また世界の諸地域について満遍なく学習することが求められている。4年連続で地誌問題が2大問出題された。そのうちの1大問は昨年の3か国の比較地誌から2か国の比較地誌になった。

問題分析

大問数 大問数は6で、昨年と変更はない。
設問数 設問数は35で、昨年と変更はない。
解答数 解答数は35で、昨年と変更はない。

問題量

  • 昨年と同じく、選択肢文等の字数は多い。図、表、写真、選択肢表などを除いた、設問文、選択肢文の字数は1万字程度で、昨年と同程度で、問題文を迅速に読み、判断することが求められる。

出題分野・出題内容

  • 出題分野は昨年と同様で、世界の自然環境、資源、産業、都市・村落、地誌、地域調査の6分野である。第5問は昨年の3か国から2か国を比較した地誌となった。
  • 出題内容は、第1問は「世界の自然環境と自然災害」、第2問は「資源と産業」で、それぞれ昨年と同一テーマであり、小問数は各6つである。第3問は「都市と村落、生活文化」で、昨年の「生活文化と都市」に村落分野が加わった出題であり、小問数は昨年と変わらず6である。第4問は「地中海沿岸地域」で昨年の「西アジアとその周辺地域」と同じく広域地誌である。第5問は旧ソ連の「ウクライナとウズベキスタン2か国の比較」で、第4問の小問数は6、第5問の小問数は5で昨年と同じである。第6問は「宮崎市とその周辺の地域調査」で、小問数は昨年と同じ6である。

出題形式

  • 文の4択正誤判定問題は3問で、昨年の5問から2つ減った。文の下線部の4択正誤判定問題は9問で、昨年の6問から大きく増えた。6択の組合せ問題は10問で、昨年の12問から2問減った。表の4択問題は昨年の2問から4問と増えた。図の4択問題は3問で昨年から1問減った。記号の4択問題は2問で、昨年の1問から1問増えた。2項目の4択組合せ問題は4問で、昨年の5問から1問減った。

難易度(全体)

  • やや難化した。例年通り図表を使用した問題が多く、知識のみで即答できる問題もあるものの、正確な知識をもとにした図表の読み取り、推測が必要な問題が増加した。

設問別分析

第1問 (17点満点)

配点 出題内容 難易度
17 世界の自然環境と自然災害 標準

世界の自然環境と自然災害に関する大問。問1の4地域の土壌と植生に関する問題は、気候との関係の理解が必要。問2の4つの地形断面に関する問題は、世界の平地、山地の分布の知識問題。問3のエニセイ川、コンゴ川、ミシシッピ川の流量変化の組合せ問題は、エニセイ川の冬季の凍結がポイント。問4の4地点のハイサーグラフの選択問題は、気候に関する平易な問題。問5の北極海および周辺地域に関する問題は、図6をよく見れば(4)が誤りだとわかる。問6の熱帯低気圧・台風に関する問題は、偏西風を考えれば(2)が明確に誤りである。

第2問 (17点満点)

配点 出題内容 難易度
17 資源と産業 標準

資源と産業に関する大問。問1のオリーブ、オレンジ類、コーヒー、トウモロコシの生産量の問題は、各農産物の主要産地から推測。問2のコーヒーの原産地の問題は知識問題。問3のコーヒーの流通の問題は、小売価格が高いことに注目。問4の牛乳、サトウキビ、テンサイの生産量の問題は、各農作物の生産適地に注目。問5のインド、エチオピア、コートジボワール、ベトナムの輸出品の問題は、各国の生産物や経済状況から考える。問6の喫茶店、牛乳処理場・乳製品工場、水産食料品製造業の事業所数の問題は、人口、酪農産地、内陸県に注目。

第3問 (17点満点)

配点 出題内容 難易度
17 都市と村落、生活文化 やや難

都市と村落、生活文化に関する大問。問1はパリの3つの地区を判別させる問題。鉄道の密集度合を手掛かりとする。問2は巨大企業の本社数などからクアラルンプールを特定させる問題。国際会議の年間開催件数に注目。問3は都市と河川との関わりを問うた問題。ヤンゴンが米の集散地であることは基本的知識。問4は8つの国の宗教を押さえていれば解答できる。問5は3つの村落の形成時代についての問題。条里集落など基本的な知識で正解に至れる。問6は日本の3つの施設の分布図を扱った問題。北海道と大都市部での分布に注目。

第4問 (17点満点)

配点 出題内容 難易度
17 地中海沿岸地域 標準

地中海沿岸地域に関する大問。問1は当該地域の自然に関する問題。フェーンの記述が誤りと即断できる。問2は同地域の海峡と国境に関する問題。ボスポラス海峡の両側はトルコ。問3は同地域の農作物を判別する問題。イベリア半島のコルクガシ、北アフリカのナツメヤシに注目。問4はアルジェリア、イスラエル、モロッコの貿易に関する問題。3か国の産業形態から特定する。問5は同地域の都市に関する問題。北アフリカの都市の道路網は古来から迷路状。問6は南ヨーロッパ諸国の国籍新規取得者の出身地を問うた問題。アルバニアが決め手。

第5問 (14点満点)

配点 出題内容 難易度
14 ウクライナとウズベキスタン 標準

ウクライナとウズベキスタンの旧ソ連2カ国に関する大問。問1は亜寒帯と乾燥帯の違い、ウクライナに高地がないことが問われている。問2はウクライナの鉄鉱石、石炭と小麦、ウズベキスタンの綿花という主要産物が問われた。問3は旧ソ連が計画経済だったことを知っていれば容易である。問4はイスラーム圏のウズベキスタンで羊肉の割合が高いことが問われている。問5はイスラームとキリスト教、トルコ系とスラブ系の両国の文化の違いについての問題。

第6問 (18点満点)

配点 出題内容 難易度
18 宮崎県の地域調査 標準

例年通りの日本の地域調査に関する大問。問1は日本各地の新幹線の路線網の知識が必要でやや難しい。問2は日本の気候の基礎知識があれば容易。問3は近年出題されなかった5万分の1地形図で、各地点の写真と照合する必要がある。問4は地理情報システムにより作成された主題図の読み取りで容易。問5は「乾燥シイタケ」「早場米」と受験生には耳慣れない農産物が出題された。問6は聞き取り調査の会話文の穴埋め問題で資料を見間違えなければ容易。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
平均点 67.99点 62.34点 60.1点 58.59点 69.68点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。


センター・国公立2次試験日程
1月14・15日 センター本試験
1月21・22日 センター追試験
1月23日~ 国公立2次出願受け付け
2月25日~ 国公立2次前期試験
3月1日~ 前期合格発表(公立大学)
3月6日~ 前期合格発表(国立大学)
3月8日~ 公立中期試験
3月12日~ 後期試験
3月20日~ 中・後期合格発表

※日程は変更になる場合があります

ページTOP