英語(筆記)

 
無断転載禁止

総評と分析

問題形式、分量共に昨年度から大きな変更はなし。

問題形式・分量は昨年度と変わらず。全体として取り組みやすい問題が多かった。

問題分析

大問数 大問数は6で、 昨年度と同じ。
設問数 設問数は48で、 昨年度と同じ。
解答数 解答数は54で、 昨年度と同じ。

問題量

  • 第3問~第6問の読解問題の本文語数は約2800語で、昨年度より100語程減った。
  • 設問選択肢を合わせた総語数は約3700語で、昨年度とほぼ同じ。

出題分野・出題内容

  • 全体として例年通り、発音・アクセント、文法・語法・語彙をはじめ、会話文完成、語句整序、文脈・要旨把握、図表情報把握、説明文読解など、幅広く英語力を測る出題であった。
  • 第5問では題材が日誌の抜粋から、物語風のエッセイに変わった。

出題形式

  • 出題形式に変更はなし。

難易度(全体)

  • 全体の難易度は昨年度並み。目新しい形式の問題はなく、判断に迷う選択肢が含まれている設問もほとんどない。

設問別分析

第1問 (14点満点)

配点 出題内容 難易度
A6 発音 標準
B 8 アクセント 標準

A・Bともに昨年度と同じ形式である。Aは下線部の発音が異なるものを選択する形式で、子音+子音(gh)が1問、母音+母音(oo)が1問、母音(o)が1問出題された。スペルが等しくても単語によって発音の仕方が異なる場合を問うている。Bは第一アクセントの位置が異なるものを選択する形式。昨年度と同様、2音節が1問、3音節が2問、4音節が1問である。equal、calenderなど、和製英語となっている単語が目立ち、正しいアクセントとの違いが問われている。

第2問 (47点満点)

配点 出題内容 難易度
A20 文法・語法・語彙 標準
B 12 語句整序英文完成 やや易
C 15 対話文完成 標準

A・B・Cともに昨年度と同じ形式である。Aは文法・語法・語彙の知識を問う問題で、昨年度同様10問中3問で2個組合せの選択肢を選ぶ形式である。難易度は昨年度並みであるが、問2・3は形容詞や副詞について正確な知識を問う設問であり、やや難。Bは昨年度と同様の語句整序英文完成問題であった。頻出の表現が問われており、やや易しい。Cは昨年度と同じ形式の問題で、文法知識よりも文脈に沿って解答を作成する力が問われる点も同様であった。全体を通して、難しい知識を問うものではないが、正確な文法知識および正確な文脈把握が求められる問いであった。

第3問 (33点満点)

配点 出題内容 難易度
A15 不要文指摘(本文421語) 標準
B 18 意見要約文選択「退職する恩師への贈り物について」(本文498語/設問選択肢44語) 標準

A・Bともに昨年度と同じ形式で、難易度も昨年度並みである。Aは不要文を指摘する問題。従来通り3問出題され、語数も昨年度とほぼ同じであった。不要な文はどれかを判断するのにやや迷うこともあるが、難問というほどではない。Bは意見要約文を選択する問題。問題数は昨年度と同じく3問だが、本文が約100語、設問選択肢が約40語減少した。登場人物が6人おり、各人の挙げる条件を丁寧に読み取ることが求められる。昨年度に引き続き、最後の問題では議論全体の内容を踏まえて解答を選ぶ問題が出題された。

第4問 (40点満点)

配点 出題内容 難易度
A20 図表(表)「絵画に描かれた食べ物に関する調査」(本文454語/設問選択肢190語) 標準
B 20 図表(広告)「城の見学案内」 (本文202語/設問選択肢165語) 標準

Aは、絵画に描かれた食べ物についての調査に関する文章と1つの表から必要な情報を読み取る問題である。変更点としては、問4がここ数年は「最終パラグラフに続く内容として適切なもの」を問う問題であったが、今回は通常の内容一致問題になっていた。Bは、城の見学案内の広告から必要な情報を読み取る問題である。昨年度よりも広告のレイアウトがシンプルになり、また注意書きも少なめであるため見やすい。設問は昨年度同様4問で、うち1問が計算問題である。答えに迷う問題は特に見当たらないため確実に得点したい。A・Bとも、難易度と分量は昨年度並みである。

第5問 (30点満点)

配点 出題内容 難易度
30 物語文読解「ガーデニングから得た教訓」(本文653語/設問選択肢179語) 標準

昨年度のような日誌文ではなく、主人公が父の趣味のガーデニングを経験することを通して大切なことを学ぶ、物語風のエッセイが出題された。本文、選択肢ともに20語程度増加し、全体の分量は昨年度より少し増加した。場面の設定も分かりやすく、出来事は時系列で描かれており、本文そのものは昨年度に比べ読みやすくなった。昨年度に引き続き語句の意味を推測させる設問が出題された。全体として昨年度より取り組みやすくなった。

第6問 (36点満点)

配点 出題内容 難易度
A30 長文読解「様々な『路(みち)』の発展」(本文578語/設問選択肢223語) 標準
B 6 パラグラフ要旨選択(設問選択肢40語)

例年通り論説文を用いた読解問題が出題された。本文の分量は約600語と、昨年度とほぼ同じであった。問題構成はAではパラグラフごとの内容一致、下線部の表現の意味を文脈から推測して答える問題、本文全体のテーマを問う問題が出題された。本文は分かりやすいが、問4などはやや読解力が必要な問いだった。Bのパラグラフの要旨を選択する問題は、各選択肢にパラグラフごとのキーワードが分かりやすく含まれており、非常に取り組みやすかった。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
平均点 123.75点 123.73点 112.43点 116.17点 118.87点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。


センター・国公立2次試験日程
1月14・15日 センター本試験
1月21・22日 センター追試験
1月23日~ 国公立2次出願受け付け
2月25日~ 国公立2次前期試験
3月1日~ 前期合格発表(公立大学)
3月6日~ 前期合格発表(国立大学)
3月8日~ 公立中期試験
3月12日~ 後期試験
3月20日~ 中・後期合格発表

※日程は変更になる場合があります

ページTOP